他社比較

dTVとU-NEXTを徹底比較!本当にオススメしたい動画配信サービスはこれだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dTVとU-NEXTを比較

このサイトではU-NEXTを中心にあれこれご紹介していますが、U-NEXTマニアの管理人はdTVやHulu、NETFLIX、Amazonプライムビデオなどなど色々なサービスを利用したことがあります。

その中でもコスパ抜群の動画配信サービスが「dTV」でした。

月額500円(税抜)という安さながら映画やドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、音楽など多彩なジャンルの作品が見放題で楽しめるだけでなく、PPVで新作映画もレンタルできる充実の内容となっています。

U-NEXTは月額1,990円(税抜)とdTVと比較すると4倍も高い料金となるわけですが、この2つの動画配信サービスの違いについて、料金や配信作品数、対応デバイスなどについて比較しながら解説していきたいと思います。

U-NEXTマニア


同じ動画配信サービスでも細かく見ていくとかなり違いがあるので、U-NEXTとdTVで迷っている方は是非ご参考くださいね!

U-NEXTとdTVのサービス内容について知ろう

それぞれのサービス内容や特徴について知っておかないとイキナリ比較するのは難しいと思いますので、dTVとU-NEXTのサービス内容と特徴について簡単にご紹介していきます。

すでに両サービスについて詳しく知っている方は次の項目の「料金・基本サービスを比較」にお進みください。

動画と電子書籍が楽しめる「U-NEXT」

U-NEXT

U-NEXT(ユーネクスト)は定額見放題の動画配信サービスで洋画や邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流ドラマ、バラエティ、アニメ、ドキュメンタリー、アダルトなど80,000本の対象作品が見放題で視聴可能。

また、新作を含む有料作品をU-NEXT独自のポイントを使ってレンタルすることもできます。
レンタル可能な有料作品は50,000本ほど配信されており、自宅にいながら簡単にレンタルして楽しめます。

利用料金は月額1,990円(税抜)と高めですが、レンタル作品の視聴にも使えるポイントが毎月1,200ポイント貰えるのでコスパは悪くありません。

ポイントが足りなくなった際はポイントチャージすることで再びレンタルして視聴することができるようになります。

U-NEXTは対象の雑誌も読み放題

また、U-NEXTのコンテンツは動画だけではなく、なんと対象の70誌以上の電子雑誌も読み放題できます。

読み放題できる雑誌の種類はニュース・週刊誌、ビジネス・マネー、モノ・トレンド、男性ファッション、女性ファッション、男性ライフスタイル、女性ライフスタイルなど様々。

最新号がどんどん更新されるので、わざわざ書店で雑誌を購入して読む必要もなくなります。

U-NEXTはポイントを使って電子コミックも読める

U-NEXTは電子書籍ストア「BookPlace」も運営しているため、U-NEXTとの連携サービス「BookPlace for U-NEXT」ではU-NEXTで付与されたポイントを使って電子コミック・書籍を購入して読むこともできます。

ポイントで購入できる配信作品こそ通常のストアと比べると少ないですが、人気のコミックスも読めるのでポイントを有効活用できます。

対応デバイスはパソコン、スマートフォン、タブレットのほかに、Fire TVやChromecast、PS4などの機器にも対応しているので大画面のテレビでも動画を楽しむことが可能。

親アカウントが3つまで無料でアカウントを追加できる

ファミリーアカウントで親アカウントが最大3つの子アカウントを無料で追加できるため、家族みんなで利用する場合にもおすすめ。

月額1,990円(税抜)と料金は高めですが、1,200円相当のポイントが貰えたり、80,000本の見放題動画や70誌の雑誌も読み放題できることを考えるとコスパは悪くないのです。

初めてU-NEXTを利用する方であれば31日間は無料で試すことができ、無料期間中に解約すれば料金は一切発生することがないので、まずは無料で試してから継続的に利用するか判断することもできますよ。

公式サイト:U-NEXT

U-NEXTのサービス紹介ページへ

安くて作品数も充実の「dTV」

dTV

NTTドコモが運営する動画配信サービスですが、auやソフトバンクなどドコモ以外のユーザーでも利用できます。

洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流ドラマ、バラエティ、音楽、ニュース、キッズ、アニメ、フィットネス、教養・バラエティ、オリジナルなど幅広いジャンルの動画コンテンツを配信しています。

U-NEXTと同じく、見放題作品のほかにレンタル作品も配信しているので新作を含む有料作品はPPVで視聴することが可能。

利用料金は月額500円(税抜)と非常にリーズナブルな価格で利用できるため、気軽に利用しやすいのも魅力的。

また、初回利用であれば31日間は無料で利用することができるので、実際に利用しながら試すことができるのもうれしいポイント。

dTVは12万作品が見放題で月額500円(税抜)

「安いから配信作品は少ないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、公式サイトでは「12万作品が見放題」と謳っており、利用料金はリーズナブルながら膨大な量の動画コンテンツが楽しめます。

最近ではオリジナル作品にも力を入れており、U-NEXTでは見れない作品もdTVでは視聴することができます。

dTVの対応デバイス

対応デバイスはPC、スマートフォン、タブレット端末のほかに、Nexus Player、Chromecast、Fire TV、Apple TV、ドコモテレビターミナルなどの機器にも対応しているのでテレビでも視聴可能。

スマートフォン・タブレット端末用のdTVアプリでは一部の作品を除き、端末にダウンロードしてオフラインで楽しむこともできます。

ただし、dTVの場合は登録できる端末の数が最大5台までで、同時視聴(再生)はできたいため家族での利用にはあまり向いていません。

公式サイト:dTV

料金・基本サービスを比較

dTVとU-NEXTの利用料金や同時視聴端末数、ダウンロード再生、無料トライアル期間、配信コンテンツ、対応デバイス、ポイント付与など基本サービスを細かく比較してみました。

dTV U-NEXT
利用料金 月額500円(税抜) 月額1,990円(税抜)
配信
コンテンツ
ニュース / 洋画 / 邦画 / アニメ / 海外ドラマ / 国内ドラマ / 韓流・華流 / フィットネス / ガールズ / キッズ / 教養・バラエティ / シアター / オリジナル / 音楽 洋画/ 邦画 / 海外ドラマ / 韓流・アジアドラマ / 国内ドラマ / アニメ / キッズ / ドキュメンタリー / 音楽・アイドル / バラエティー / ニュース・スポーツ / その他(アダルト)
対応
デバイス
対応スマートテレビ / Chromecast / Nexus Player / Amazon Fire TV / Fire TV Stick / Apple TV / ココロビジョンプレーヤー / ドコモテレビターミナル / dTVターミナル / ひかりTVチューナー / 光BOX+ / パソコン / スマートフォン / タブレット 対応スマートテレビ/ U-NEXT TV / Chromecast / Nexus Player / Amazon Fire TV / Fire TV Stick / 光BOX+ / MOVERIO BT-300 / PIXELA Smart Box / PlayStation 4 / PlayStation 4 Pro / パソコン / スマートフォン / タブレット
同時視聴端末数 1台 最大4台
ダウンロード
再生
対応(一部端末のみ) 対応(一部端末のみ)
画質 SD / HD / 4K フルHD / 4K
ポイント
付与
なし 毎月1,200pt
その他
サービス
レンタル レンタル / 対象電子雑誌読み放題 / 電子コミック・書籍
無料
期間
初回31日間 初回31日間

大きな違いは月額料金と利用できるサービス内容でしょうか。

U-NEXTは料金が高めですが、同時視聴可能な端末数が4台まで可能なので家族みんなで利用するのに向いています。

また、毎月付与されるポイントで新作映画を視聴したり、電子コミックや書籍を購入して楽しむことも可能。対象の電子雑誌は読み放題できるなどサービス内容は充実しています。

一方でdTVは非常にシンプルなサービス。料金はできるだけ安く抑えて、一人で利用するのに向いています。
ポイント付与もないため、最低限の料金のみで利用することができるため気軽に楽しむことができます。

画質に関してはU-NEXTがフルHDに対応しており、より高画質の映像を楽しむことができます。また、4K対応の作品も配信していますが、現時点では作品数が少ないのであまり期待できません。

どちらもダウンロード再生に対応しているので、スマートフォンやタブレット端末でいつでもどこでもサクサク動画が楽しめますよ。

無料期間は31日間とたっぷりあるので、実際に両方のサービスを試して判断するのも良いでしょう。もちろん無料期間中に解約すれば料金は発生しないのでご安心を。

ジャンル別の作品数を比較

dTVとU-NEXTで配信されている動画作品数をジャンル別に比較したいと思います。

洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズの作品数をそれぞれ比較しています。

なお、作品数は2018年10月に当サイトが独自の調査した結果となりますので、参考程度にご覧ください。

洋画の作品数を比較

  • dTV:2070
  • U-NEXT:4302

<見放題とレンタル作品の比較>

dTV U-NEXT
見放題 905 3280
レンタル 1165 1022

洋画の作品数はU-NEXTのほうが圧倒的に多い結果となりました。

見放題作品が充実しているので、洋画好きの方はU-NEXTのほうが満足度が高いかもしれませんね。
レンタル作品はdTVのほうが若干多いですが、あまり差はないので気にする必要はないと思います。

邦画の作品数を比較

  • dTV:876
  • U-NEXT:3020

<見放題とレンタル作品の比較>

dTV U-NEXT
見放題 494 2635
レンタル 382 385

邦画の作品数もU-NEXTのほうが圧倒的に充実していました。

有料レンタル作品数はほぼ同じですが、見放題作品が充実しているため邦画をメインで楽しみたい方はやはりU-NEXTがおすすめ。

海外ドラマの作品数を比較

  • dTV:509
  • U-NEXT:643

<見放題とレンタル作品の比較>

dTV U-NEXT
見放題 236 374
レンタル 273 269

海外ドラマはdTVが509作品に対して、U-NEXTは643作品とU-NEXTのほうが配信数は充実していました。

また、レンタル作品数はほぼ変わりませんが、U-NEXTのほうが見放題で楽しめる海外ドラマ作品が多いことがわかりました。

国内ドラマの作品数を比較

  • dTV:352
  • U-NEXT:845

<見放題とレンタル作品の比較>

dTV U-NEXT
見放題 270 741
レンタル 82 111

国内ドラマの配信作品数はdTVが352作品に対して、U-NEXTが845作品と国内ドラマもU-NEXTのほうが充実していました。

特に見放題作品が充実しているので、国内ドラマを中心に楽しみたい方はU-NEXTのほうがおすすめ。

テレビドラマの見逃し配信もしているので、見逃してしまった方はU-NEXTで後からじっくり見ることも可能です。

アニメの作品数を比較

  • dTV:718
  • U-NEXT:2314

<見放題とレンタル作品の比較>

dTV U-NEXT
見放題 537 1948
レンタル 181 363

アニメの配信作品数はdTVが71作品、U-NEXTが2314作品という結果に。

見放題・レンタルともに多かったですが、特に見放題作品が充実しているので追加料金を支払わなくても十分楽しめるラインナップだと思います。

最新のTVアニメも見放題配信として視聴できるので、忙しくて見る暇がない方や深夜帯に放送されていてなかなか見れないアニメ作品の視聴にもおすすめですよ。

キッズの作品数を比較

  • dTV:371
  • U-NEXT:1294

<見放題とレンタル作品の比較>

dTV U-NEXT
見放題 282 1172
レンタル 89 124

キッズ作品の基準はU-NEXTとdTVで完全に一致するとは限らないため完全な比較は難しいですが、キッズ作品もU-NEXTのほうが圧倒的に充実している結果となりました。

見放題作品も非常に多いので、子供用に動画配信サービスを検討されている方はU-NEXTから試してみると良いかもしれませんよ。

U-NEXTとdTVはどっちがおすすめ?

自分にとって最適な動画配信サービスは、料金の安さやコンテンツの充実度、使いやすさ、利用する人数や環境によって異なると思います。

U-NEXTとdTVの2つのサービスを比べてみても、それぞれの良さや特徴があるため一概には言えません。

そこで以下ではタイプ別に分けておすすめの動画配信サービスをご紹介していきたいと思います。

より多くの動画作品を楽しむなら「U-NEXT」

できるだけ同じ条件で比較可能なジャンル別の動画作品数を比較した結果、圧倒的にU-NEXTのほうがコンテンツは充実していました。

特に見放題作品が充実しているので追加でレンタルしなくても、たくさんの映画やドラマ、アニメ作品を楽しむことができます。

またU-NEXTの場合は、毎月1,200円相当のポイントが貰えるので新作映画を見たり、電子コミックを購入して読むことも可能。
70誌ほどの電子雑誌も読み放題できるなど色々な場面で楽しめます。

家族みんなで動画を楽しむなら「U-NEXT」

家族など複数人で利用する場合は「U-NEXT」がおすすめです。

dTVは同時視聴ができませんが、U-NEXTは親アカウントが子アカウントを追加すれば最大4人で同時視聴が可能となります。

追加する子アカウントには有料作品の購入制限も設定可能。また、子アカウントはR指定作品は非表示になるため子供がいるご家庭でも安心して利用することができます。

関連情報:U-NEXTのファミリーアカウントサービスとは?追加方法と利用シーン

できるだけ安く、気軽に利用したいは「dTV」

利用料金の安さ、コスパで選ぶなら間違いなく「dTV」がおすすめ。

月額500円(税抜)という安さながら、動画コンテンツはそれなりに充実しているので初めて動画配信サービスを利用する方にも最適です。

しかも初めて利用する方であれば31日間は無料で試すことが可能で、無料期間内に解約すれば料金は発生することがないため、気軽に始めることができますよ。

公式サイト:dTV

大人向け作品も見たい方は「U-NEXT」

U-NEXTはdTVでは配信されていない大人向け作品も配信しています。

アダルトビデオやアダルトアニメなど作品数もかなりの本数が配信されているので、大人向け動画も視聴したい方は「U-NEXT」一択となります。

U-NEXTのアダルト動画について詳しく知りたい方は下記ページをご参考ください。
関連情報:U-NEXTのアダルト動画がすごい理由 ~利用するメリットと作品数~

公式サイト:U-NEXT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください